青少年育成(空手)

武道(空手)を通した青壮年育成について

空手は2020年東京オリンピック・パラリンピックの正式種目となりました。

キッズファーストは日本国際空手協会の皆様のお力をお借りして青少年の健全な育成の取り組みを開始いたしました。

 

空手と聞くと「怖い」「痛い」といったイメージがあるかもしれません。

しかし、空手に限らず剣道や柔道といった日本古来の武道には学ぶべき礼節がギッシリと詰まっています。

礼節は美しい品格を育て、必ず来る将来にきっと大きな力となってくれるはずです。

 

空手を通じた青少年支援
厳しく・楽しく学び、強く・優しく育ってほしい
負けない心を育てる
厳しいトレーニングで、あきらめない心を育て、将来迎えるであろう様々な困難を乗り越える心を育てます。
美しい品格を育てる
先輩への言葉遣い、後輩への優しさ、厳しさの中から優しさを身につけ、人として大切な品格を育てます。
強い身体を育てる
自分を管理して常に万全の体調でいられるコンディション作りを学びます。健康こそ楽しく生きている証だと考えています。
思いやりを育てる
痛みを知ることで痛みを与える愚かさを知ることができます。優しさは人望を生み、頼られる器を形成していきます。
空手(ジュニア)
空手(女子)
空手(男子)
東京オリンピック・パラリンピックを応援しています

日本の礼節から学ぶこと

日本を担う子ども支援

トルコ軍艦遭難慰霊碑

近年の空手はストイックに空手道を極めようとする方と並行して、女性のフィットネス、社会人の運動不足解消、高齢の方の健康管理、お子さまの体力向上といった形で比較的手軽な感覚で学ぶことができます。

しかし、そんな環境の変化の中でも変わることなく受け継がれていくものがあります。「礼節」です。

礼に始まり、礼に終わる。この礼節こそ、人を育てる

大切な要素なのです。

目上の人を敬い、敬語を使い、年下の人を気遣い優しさを持って接する。この当たり前の繰り返しが美しい品格を身につけて行きます。

これは空手に限らず日本古来の武道に共通する美しさではないでしょうか。

近年、敬語が使えない若者が増えてきています。また、個性を勘違いしている若者も増えてきています。個性とは奇抜な服装ではなく、スポーツや武道のように、みんなが同じユニホームや道着を着ていても光り輝くものなのです。

キッズファーストは日本国際空手協会の皆様の力をお借りして、本当の意味での個性を礼節を通じて磨いていける環境を支援していければと考えています。

キッズファーストは日本国際空手協会のと皆様と青少年育成を目指しています。
tel:03-6804-8231
お問い合わせ
寄付金・会員募集
ページの先頭へ
一般財団法人KIDS FIRST
Copyright(c) 2016- 一般財団法人キッズファースト All rights reserved. presented by camomille / camonavi